· 

なつかしい本たち。

 同人誌ページに自分の過去の同人誌の情報を掲載しました。

 

 ついでにネットショップで販売しようかと思ったのですが、現在、無料サービスを利用しているため、ネットショップ機能は使えないようです。さっさと有料サービスに移れと思われるかもしれませんが、まあ、追々考えていきたいところですね。

 

 それにしても、この2作の同人誌はなつかしい。7、8年前にほぼひとりで作り上げたシロモノです。何しろ個人製作のため、デザインなどのクオリティは今回の本に遠く及びませんが、熱い(熱すぎてうっとうしい)熱意だけは相当のものだと思っています。

 

 いやー、もうこういう同人誌は書けないかもしれないなあ。ネットショップを開始したらぜひご購入いただければと思います。それなりに面白いと思いますよ。

 

 話は変わりますが、このわずか数日でのサイトの進歩にはわれながら目をみはるばかりです(笑)。どうしてぼくはこう極端なんだろう。ニートで暇人ということはあるにしても、短気というか凝り性というか、一度始めると突っ走っちゃうタイプみたいですね。

 

 このサイトはほんとに自画自賛の出来で、ぼくはとても嬉しいです。デザインセンスは皆無のぼくですが、それでもこれくらいのものが作れるくらい現代のウェブサイト制作サービスは進歩したのだということなのでしょうね。偉いものだ。

 

 ちなみに、いまのところ、このサイトに掲載されている文章はすべてがぼくが書いています。プロジェクト物語三昧とは名ばかりで、ほぼぼくの個人サイトと変わりませんね。今後はLDさんとかペトロニウスさんにも文章を頼みたいところです。

 

 まあ、このブログはひょっとしたら延々とぼくの投稿が続くかもしれませんが……。このレベルのどうでもいい内容の記事ならいくらでも書けるんですよね。まあ、読んでいるほうはたぶん面白くないとは思いますが。あした以降も書きつづける予定です。