【ゲームレビュー】


・『らくえん』★★★★★

らくえん ~あいかわらずなぼく。の場合~

 人間は堕落する。義士も聖女も堕落する。それを防ぐことはできないし、防ぐことによって人を救うことはできない。人間は生き、人間は堕ちる。そのこと以外の中に人間を救う便利な近道はない。

 

坂口安吾「堕落論」

 

 おもしろかった~。でも、ひとに勧められるかどうかは微妙。ぼくは傑作だと思うけれど、他人がどう思うかまでは確信がもてない。

 

 これが『Fate/stay night』とか『Phantom of Infelno』だったら、それなりの自信をもって勧めることができる。エンターテインメントとして普通に優れているからだ。

 

 エロゲであるかどうかはこの際、あまり関係ない。現に両作品とも家庭用機に移植されているし(『Fate』は未発売)、同時代の小説や漫画と比べてみても、はっきり傑作だと断言できる。

 

 でも、『らくえん』はなあ。はっきりいって欠点だらけなんだよなあ。フラグ管理はいいかげんだし。文章スキップは時々止まるし。唐突に無理のある展開が飛び出すし。使われずじまいの設定はのこるし。

 

 まあ、売れなかったことも無理はない、と天を仰ぐしかない出来である。しかしじっさいにプレイしてみると、それらすべての欠点を補えるほどどおもしろい。

 

 ひとつには、エロゲ製作会社を舞台にしたエロゲという「メタエロゲ」性のおもしろさがある。このゲームの登場人物は、ほぼ全員が「エロゲ脳」のもち主で、オタク的/エロゲ的な思考方法がデフォルトでインストールされている。

 

 だから主人公が妹を会社に連れて行くと、「リアル妹キャラだ」「もうやったの?」とからかわれることになる(ひょっとしたら本気かも)。

 

 しかし、その程度のことならぼくもそれほど驚かない。自嘲や自己言及はオタクの習い性。自分の奇妙な習性を一歩引いた視点からシニカルに笑ってみせる、そんな作品はいくらでもある。

 

 このゲームがおもしろいのは、そういったメタエロゲ性を備えながら、同時にただのエロゲでもあるということである。

 

 メタエロゲであるから、主人公と妹はさんざん近親相姦をネタにして、それがいかにありえないオタク的妄想であるか確認しあう。しかし、ただのエロゲだから、それでもやっぱり近親相姦へと向かう(義理ですけど)。ここらへんの展開が、何というかもう、たまらないですね。

 

 物語は当初、主人公の視点で進んでいくのだが、途中でヒロイン視点のモノローグが入る。これが出色の出来なのだ。聞き取れないほどの速度で畳みかけるように内面を語り倒すその場面は、羽海野チカの『ハチミツとクローバー』を思わせる。

 

 ただしこの物語は『ハチクロ』よりもはるかに薄汚い。非現実的なエロゲであることに変わりはないけれど、作品製作にかかわる部分は妙に生々しい。おそらく、製作スタッフの実感をそのまま持ち込んだのだろう。

 

 その薄汚れた世界は、ある時くるりと反転して、リリカルかつセンチメンタルな裏側を垣間見せる。その瞬間、オタクをネタにした軽いコメディは、一気にシリアスな青春群像劇へ移り変わっていく。

 

 そのあとも軽妙なセクハラトークは続くのだけれど、少しだけ意味合いが変わっている。そして、恋がはじまる。自分だけは恋とは無縁だと信じていたオタクの恋が。

 

 もちろんそこから先は、現実離れしたお伽噺だ。じっさいにはこんなことありえない。「にー兄ちゃん」を慕う双子の妹? そんなもの、ただのエロゲオタクの妄想だ。

 

 その非現実性は、そこに至る製作遅延や、発売日延期や、即売会でのちらし配りや、怪しげなオタクたちや、社内にただようとげとげしい空気と対照的にうそ臭い。しかし、その甘ったるいお伽噺は、ふしぎなほどそれまでの展開と巧く溶け合っていくのである。いったいどんな魔法を使ったのだろう?

 

 このゲームには、ひとの見本になれるような立派な人物はひとりも出てこない。パチンコ中毒のディレクター、口先だけ達者なプログラマー、腐女子のシナリオライター、陵辱もの好きのグラフィッカー、そしてエロゲオタの原画家。

 

 全員が全員、エロゲに脳を冒されたダメ人間ばかりだ。おまけにライターは他社で拘束されるわ、ディレクターは事故に遭うわ、原画家は逃げ出そうとするわで、製作はどこまでも遅れていく。

 

 それでもなお、かれらは必死に作品を完成させようとする。「あいかわらずなぼく」。名作でも傑作でもない、年間600本の新作の山に埋もれて消えていく凡庸な作品だ。ただのポルノ、ただのオカズ。

 

 しかし、そこには製作者の魂がこもっている。声優をめざす亜季が、レイプされて殺される端役の声を必死に演じる場面は感動的である。

 

 ただのオナニーのオカズを演じるために、彼女は全身全霊を尽くす。認められるとは限らない。おそらくだれもその熱演に気づかない。それでも、亜季は必死に演じつづける。低俗や高尚といった枠組みを超えた感動がそこにはある。

 

 そしてまた、遅れに遅れたスケジュールを回復するため、主人公たちは不眠不休で働きつづける羽目になる。きつい、苦しい、ひどい仕事。

 

 ところが、これがめちゃくちゃたのしそうなのだ。いってみれば、文化祭前夜的なたのしさである。たしかに帰れないことはきつい。眠れないことは苦しい。給料は安いし、社内には不潔な匂いがこもっている。

 

 けれど、まわりは気心の知れた仲間ばかり。口をひらけば飛び出すのはエロゲ話だけだが、どいつもこいつも気のいい奴なのだ。そこには、仲間同士で協力し、ひとつの物を作り出していくことの純粋なよろこびがある。

 

 そしてここにはひとを見下して悦にいる者はいない。しょっちゅうセクハラ気味の軽口を叩きながら、だれもが全力で働きつづける。子供が無邪気に砂場で遊ぶように、かれらは会社で遊びつづける。はみ出し者たちの楽園だ。

 

 とはいえ、あくまでそれはアマチュアリズムである。会社運営は学園祭の延長ではない。気心の知れた仲間と一体になれる仕事というものは、しょせんファンタジーに過ぎないのである。

 

 だから、どのシナリオでも、最後にはムーナスは崩壊する。跡形もなく崩れ去る。しかし、一瞬の幻であったからこそ、楽園は見るものの胸に印象深く刻み込まれる。『らくえん』が傑作になる瞬間である。

 

 恐ろしいことに、この作品の製作会社であるTerraLunarは、作中のムーナスとほとんど同じ運命をたどった。現在、TerraLunarの公式ホームページは閉鎖している。TerraLunarの社員がどうなったのか、知るものはいない。

 

 ここにおいて、フィクションはノンフィクションと化す。いったいTerraLunarに何があったのか、それはわからないが、もう『らくえん』をただのうそ臭いエロゲということはできない。

 

 いや、まさにただのエロゲであるからこそ、それは激しく胸を打つのだ。この世界にあふれかえった無数の凡作、そのひとつひとつに、ひょっとしたらこんなドラマが隠されているのかもしれない。そんなことを考えさせられる。

 

 あなたがこの物語を楽しめるかどうかはわからない。これは一部の限られたひとだけに向けられた作品だ。オタク用語を理解できるという意味ではない。たぶん、本当に堕落する準備ができた人間だけが、この作品の真価を知るのだろう。

 

 そういう意味ではまったく異端の、しかし、それでいて王道の傑作である。ぼくはこの作品を愛する。

 

 これから購入される方にはダウンロード販売をお奨めする。パッケージで買うより安いし(約4000円)、簡単に入手できる。

 

 以下、ネタバレ。

 

●亜季

 

 主人公の「生意気なほうの妹」。

 

 このゲームで最初にクリアしたのは彼女のシナリオだった。いちばん感動したのも、このシナリオかもしれない。

 

 声優をめざした上京した亜季は、ちょっとした偶然からチャンスを掴み、プロをめざして修行することになる。

 

 その苦労は生半可なものではない。まわりは桁違いの連中ばかり。努力しても、努力しても、役はつかめない。たまに入る役は犯される役だの殺される役だの。しかし、そんな役にも全力を尽くす。遠い遠い夢をめざして。

 

 このシナリオではプロの声優の演技力のすさまじさを思い知らされた。亜季役の声優さんは、技術的には未熟だが、ひとを惹きつける「何か」がある声と、技術的には習熟してきたものの、その「何か」が失われた声を演じ分けてみせる。

 

 しかも、それは犯されながら感じていく場面の喘ぎ声なのである。すげえよ、あんた。この好演が、亜季の物語に説得力を生んだと言っていいと思う。

 

 あと、セックスに至る流れが素晴らしかった。エロい。

 

●杏

 

 主人公の「生意気でないほうの妹」。

 

 ある意味では、いちばん「エロゲらしい」キャラクターかもしれない。彼女はオタクでダメ人間の「にー兄ちゃん」を無条件に慕い、最後にはかれの恋人になる。

 

 それを都合のいい夢物語と一蹴するのはたやすい。けれど、彼女の「ぷちひきこもり」という設定に目を向けてみれば、杏がきわめて内向的な性格であることがわかる。

 

 彼女は広い世界へ出て行くことを好まないのだ。大好きな「にー兄ちゃん」と供に堕落していければそれでいいのである。この子もある意味、ダメ人間だなあ。

 

 この『らくえん』という作品のおもしろさは、こういった選択を咎めたてないところにある。この作品の書き手は、「そんな狭い世界に閉じこもっていない成長しろ」などとは言わない。

 

 亜季はじっさいにそのようにして出て行ったわけだが、杏にはべつの道がある。部屋にこもってセックスしまくるエンディングは、ほどよく堕落したかんじが出ていて良かったと思う。

 

●美柴可憐

 

 「いさましいちびのグラフィッカー」。

 

 たぶんこの作品のメインヒロインだろう。主人公を「運命の相手」と見初め、エロゲの世界にひきずりこむ。陵辱もの好きで、何かというとレイプレイプと口走る(ただし、男をいじめてもつまらないので、ボーイズラブはだめらしい)。

 

 杏とは正反対の、あまりにもエロゲらしくないキャラクターである。まあ、エロゲ業界広しといえども、「女に幻想を抱くな。このヲタ」などと罵るヒロインはこのひとくらいのものなのではないだろうか。

 

 その正体はオランダの大富豪のご令嬢。はっきりいってこの設定はあまりにも唐突で、作品の世界観にそぐわない。『らくえん』の数ある欠点のひとつである。

 

 ただ、それはつまり彼女が月(moon)から地上(earth)へやって来たお姫様なのだということなのだと思う。時が来れば姫は月へ返っていく。そして地上には恋する若者だけがのこされる――というエンディングも美しいと思うんだけどねえ。

 

●千倉沙絵

 

 主人公の中学時代の後輩。予備校で偶然にかれと再会する。

 

 中学時代、主人公は3日間だけ彼女とつきあっていたのだが、手を出そうとして失敗し、きまずくなってしまい、自然消滅したらしい。

 

 じつは『ロード・オブ・ザ・リング』ネタの二次創作小説を書いている腐女子。兄の影響から芝居にも興味をもっている。

 

 このゲームのなかで、いちばん恋愛色が濃いのがこのシナリオだろう。そして、いちばん印象が薄いのもこのシナリオである。

 

 いわゆる「寝取られ」ものなんだけれど、寝取る相手がメキシコ人のオタクというのが意味不明。いや、だって、こいつ、メキシコ人である必然性が全然ないんだもん(笑)。普通に気障な日本人でもいいと思うんだけどなあ。

 

 寝取られたあとのエロシーンはその種の趣味があるひとなら燃えるかもしれないが、ぼくとしてはいまひとつ印象が弱いままのシナリオだった。でもセンター試験をさぼってセックスしまくるのはいいよなあ。受験生の夢だ。

 

●御守みか

 

 売れっ子女性原画家。そのボケボケな性格はよく『あずまんが大王』の大阪にたとえられる。

 

 ふつうにかわいいキャラなのだが、このシナリオはほとんど普通のエロゲのようにストレートに話が進むので、そういう意味ではおもしろくない。

 

 むしろ御守シナリオの目玉は、彼女が可憐と同居していた美大時代の描写である。どういう経緯で同居することになったのかはわからないが、女ふたりの生活は、これはこれでたのしそうである。ふたりともお嬢様育ちだから、頓珍漢なことばかりしでかしていたに違いない。

 

 本人の発言によると、可憐に惚れているらしいが、あいては筋金入りの異性愛者なのでその恋は実らなかったようである。その意味では、主人公はただの代用品ともいえる。ひとに頼らないと生きていけない女なのだ。

 

 クライマックス直前で何気なくたばこを吸っている場面があってちょっと驚いた。普通、エロゲヒロインはたばこ吸わないもんな。何気にセンスのよさが光る一場面であった。こういうことするから売れないんだろうけど。


・『オクトパストラベラー』★★★☆

オクトパストラベラー - Switch

  『オクトパストラベラー』はスクウェア・エニックスの新作RPG。なつかしのドット絵を基調とした画面が印象的な、Nintendo Switchの意欲作です。

 

 このゲーム、一見すると旧態依然としたスーパーファミコン時代のRPGに見えるのだけれど、じっさいにはそれなりにリファインされていて、とても楽しく遊べます。

 

 プレイヤーは8人の主人公のなかからひとりを選んで物語を進めていくことになるのですが、旅先でほかの主人公たちと出逢うと仲間となり、かれらのそこに至るまでのプロセスを追体験することができたりします。

 

 だれもが思い浮かべるように、これはスーパーファミコンでヒットした『ロマンシングサ・ガ』、あるいは『ライブ・ア・ライブ』といった往年の傑作の現代版といえるでしょう。

 

 オープンワールドの超大作が花ざかりのいま、あまりにも古めかしいといえばそうなのですが、このゲーム、じっさいにヒットしているようです。結局、いくら時代が変わっても面白いものは面白いということなのかもしれません。

 

 とはいえ、こういう作品をどう評価するべきなのかはむずかしいところでしょう。日本の狭い市場というガラパゴス的閉鎖空間に特異な作品というべきであるのもしれず、日本が世界のマーケットに後れを取っているその象徴と見る人もいるに違いありません。

 

 しかし、一方では日本で求められているのは中途半端に壮大な作品ではないということもいえるとは思います。とにかく面白くプレイできることはたしかなので、いちゲーマーのぼくとしては特に文句がありません。

 

 『スカイリム』や『ウィッチャー』のようなスケールの大きいオープンワールドももちろん面白いのですが、それはそれで疲れてしまうことも事実。

 

 ぼくとしてはもっとこういう手軽に遊べるゲームがたくさん出てくれると嬉しいですね。まあ、スーパーファミコンの頃に青春を過ごした人間のノスタルジーという面もあるでしょうが。

 

 ただ、見た目こそスーパーファミコンなり、プレイステーションの時代を思い起こさせるとしても、ゲームシステムなどは洗練されており、スクウェア・エニックスのゲームとしては久々の快作なのではないかと思えます。

 

 あるいは、この作品にはしばらくゲームから離れていた人を呼び戻す力があるかもしれません。

 

 まだぼくは序盤なので、いったいこの先、ストーリーがどのように進展していくのかわからないのですが、はたして悪の魔王とかが現れて世界を救ったりすることになるのでしょうか? それとも、あくまで小さな物語が続くのでしょうか?

 

 いずれにしても、先は楽しみです。とりあえず、ぼくは盗賊のテリオンを選んで、町の人々からものを盗んだりすることをくり返しています。

 

 まだほかの主人公たちには出逢えていません。こうしているあいだにも、かれらはべつの物語を展開しているのかもしれませんが……。

 

 ひとりのトラベラーとして、世界を遊びつくす気、満々です!