【物語マインドマップ講義】


1.神話とアーキタイプ~少年は竜を殺し、少女はシンデレラの夢を見る

 

 すべては神話から始まる。ペルセウスやシンデレラといった往古の物語から現代日本のエンターテインメントまで続く、早大な「物語の物語」がここに開始するのだ。

 

 物語マインドマップ講義第一弾は、久遠の彼方にさかのぼり、あらゆる物語の源流を見いだす!



2.善悪逆転の物語~勧善懲悪のヒーローが人類終末論にたどり着くまで

 

 戦後日本のエンターテインメントの特徴は「善悪逆転」の構図にある! その潮流がやがて『デビルマン』という金字塔を生み出し、「天使の告発」というテーマを生む。

 

 講義第二弾では、物語がいかにしてその告発に答えたのか、その秘密が明かされる。疾風怒濤の展開に酔え!



3‐1.竜退治の彼岸~ガンダムからエヴァに至るロボットアニメの戦史

 

 ロボットアニメ、それは「竜の力を得た者たちの物語の系譜」である。

 

 しかし、その強大な力をもってしても絶対悪である「天使」には逆らえない。はたしてロボットアニメはどのように天使と戦ったのか? 富野アニメの神髄に迫る第三弾。



3‐2.竜退治の彼岸~ガンダムからエヴァに至るロボットアニメの戦史



4.変身ヒロインの系譜~魔法少女から『セーラームーン』の彼方へ

 

 この第四弾で、「物語の物語」は一転して「女の子の物語」を語ることになる。そこにはまたべつの世界が広がっている。

 

 少女たちのお気に入りの物語は「変身譚」である。そして、変身ヒロインの歴史はやがて『美少女戦士セーラームーン』という傑作を生み、さらにつながっていく――。



5.美少女カンブリア爆発~ラブコメからハーレム、そして女の子しかいない世界

 

 時の彼方で忘れられた作品がある。この第五弾はいまは古びたその名前を思いだそうとするこころみだ。

 

 美少女カンブリア爆発とでもいうべき、美少女アニメの氾濫。その裏にあったものは何だったのか? 歴史の影に消え去ってしまった真実を、いま、鋭く見抜く。



6‐1.セカイ系の台頭~エヴァとアンチエヴァ、ループ、悪を為す事

 

 ここにおいて、いよいよ「物語の物語」は『新世紀エヴァンゲリオン』という巨大な作品と向き合うこととなる。そして、また、セカイ系と悪を為す物語の登場。

 

 いったい「物語の物語」はどこへ向かうのか? 神話から続く流れがひとつの曲がり角を迎える第六弾を聴け!



6‐2.セカイ系の台頭~エヴァとアンチエヴァ、ループ、悪を為す事



6‐3.セカイ系の台頭~エヴァとアンチエヴァ、ループ、悪を為す事



7.脱セカイ系としての日常系~『あずまんが大王』と無菌系、ふたたび竜退治へ

 

 『あずまんが大王』というタイトルは、いまではあたりまえのものになった「萌え日常系」の物語を生み出した。しかし、それ以前にはそんな物語はほとんど存在しなかったのだ。

 

 萌え日常系、そして「無菌系」はどのように生まれたのか? 神秘のヴェールは剥がされてゆく。



8-1.脱英雄譚~ガンダムのテーゼと“彼岸“のさらに先の物語

 

 脱英雄譚。それは、いままでの「竜退治」の物語を根本的に脱構築しようとする「物語の物語」のまったく新しいストリームである。

 

 しかし、はたしてヒーローなき物語などほんとうに構築可能なのか? 『魔法先生ネギま!』、『まおゆう』といった作品を通じ、その方法論が緻密に解き明かされる。



8-2.脱英雄譚~ガンダムのテーゼと“彼岸“のさらに先の物語



8-3.脱英雄譚~ガンダムのテーゼと“彼岸“のさらに先の物語



9.新世界系の登場~新たな竜退治へ

 

 ここにおいてようやく、いままで延々と続いてきた「物語の物語」は現代に接続する。『進撃の巨人』、『シン・ゴジラ』といった新たな時代の傑作群がいままで見たことがない光景を見せつける。

 

 新世界系とは? それは新しい時代の幕開けなのか? 長い長い旅がひとつの終わりを告げるカーテンフォールの第九弾。